So-net無料ブログ作成
検索選択
まじめなお話 ブログトップ

農薬を取る洗剤ありますよ [まじめなお話]

最近結構まじめに生きてます。。

あ、変なTBばかりつくのでTBは受け付けないことにしました。

ご了承くださいm(__)m

 

野菜や果物についてる農薬についてどの程度ご存知ですか?

農薬がかかっていることぐらいはご存知だと思いますが、

ブロッコリーをモデルに迎えて農薬があるのとないのでは

どのくらいの違いがあるのかを見てもらいたいと思います。

 

じゃじゃ~ん。。

ブロッコリー・・・。

農薬がべったりとついているので、水をはじいているのがわかりますか?

ブリッコリーの上に丸い露玉がいくつも乗ってますね。

 

そもそも、農薬は害虫から野菜を守るためにつけられているものですが、

最初は農薬をまいても、雨が降ったら雨で農薬が落ちてしまうんです。

そして、農家の人はまた農薬をまく仕事をしなければならず・・・。

こんなことを繰り返すのも手間がかかるということで、

ちょっとやそっとでは、農薬が落ちないように、

粘着剤のようなものが入った、野菜にしっかりと

農薬が張り付く丈夫な(?)物を開発して、

野菜や果物にまかれることになりました。

だから、水で洗っても、水をはじいてしまい農薬は取れません。

 

でも、私が4年程前に出会った、

農薬も落とせる野菜や果物も洗える洗剤を使っています。

では、今から農薬が取れる洗剤を使ったブロッコリーと、

洗剤を使っていない農薬がついたままのブロッコリーでは、

どの程度の差があるのかをごらんください。

 

まず、見た目でもう違うのがわかりますか?

あり・・・洗剤で農薬を取ったもの

なし・・・水だけで洗ったもの

青さが違うのがわかりますか?

農薬がついたほうは白っぽくなっています。

農薬ありに比べて、洗剤で洗ったほうは粒がはっきりとしています。

洗剤で農薬を取ったブロッコリーは水道水を吸収します。

浸透性がまったく違います。

一方、農薬がついたままのブロッコリーは水をすべてはじいています。

有害指定成分を使っていない洗剤だけが、

野菜や、果物を洗えるので大根やバナナなどを

短時間でいいので漬け込むと、

甘さが増しておいしくなります。

じゃじゃ~ん。。

これが私が使っている安全な洗剤です。

(知っている人は知っている♪)

これ一本で定価4240円とお値段も張りますが、

濃縮型なので、なかなか減りませんよ♪

これ一本で、食器用洗剤、家中の家具の汚れを取ったり、

洗濯用洗剤だったり本当に万能洗剤なので重宝しています。

残念ながらこの洗剤は、市販していません。

訪問販売なので、会員にならないと買えないんです。

でも、昔、東急ハンズで一回見たことがあるような気がする・・・。

探してみてね♪

でも、気をつけてほしいのは有害指定成分が入ったものでも、

「これで野菜洗えますよ♪」と言っているアメリカの某訪問販売系会社

がありますが、危ないのでそれだったら、

こんな洗剤を使うより、しっかりと加熱することをお勧めします。

見た目にこんなさがあります。

もちろん味も濃厚で野菜の甘みがしっかりしていますよ♪

でも、茹でてしまえばほとんど差はありません。

でも、粒がしっかりとしているのは洗剤で農薬を落としたほうでした。。


2006-11-26 14:09  nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

これって大きな進歩ですよね? [まじめなお話]

<性同一性障害>

小2「女児」として学校生活 兵庫

 兵庫県内で暮らす小学校2年生の男児(7)が、心と体の性が一致しない「性同一性障害」(GID)と診断され、昨年の入学時から女児として通学していることが18日、分かった。地元の教育委員会が保護者側の意向を受け入れ、女児として学校生活を送っている。04年7月施行の特例法で、成人した性同一性障害者が戸籍の性別を変更することが可能になったが、低学年の児童が公的な場で障害を認められる例は全国的に珍しい。
 会見した教育委員会によると、男児は幼少期からスカートぬいぐるみが好きという兆候が見られた。5歳の時、保護者が兄と同じ少年野球教室に入れようとしたところ、嫌がって食事をとらない日が続いたという。
 母親が近くの病院に相談したところ、「男女を区別せず、本人が望むようにさせてみては」とアドバイスされたため、通っていた保育園に女児の服装で通わせ、プールでもビキニタイプの水着を着せると元気を取り戻したという。
 小学校に女児として受け入れてもらおうと、大阪の病院で専門的な検査を行い、GIDの診断書を得て学校に提出。教委、学校関係者と2度面談した後、女児としての受け入れが決まった。入学後、出席簿は女児の欄に入れられ、トイレや身体測定も女児として過ごしている。
 教委によると、入学させる際、教職員全員には説明したが、文部科学省、県教委には報告しておらず、PTAにも説明していないため、実際の性に気付いていないクラスメートが多いのではないかという。
 教委は「今後、体の性に戻ることがあったとしても、対応出来るよう態勢を整えたい」としている。
 性同一性障害学会理事長の大島俊之・神戸学院大学法科大学院教授は「学会で大学生や高校生の事例の報告はあったが、小学生のケースが公になったのは初めてではないか。体の性別よりも、心の性別に応じた今回の方針は良い対応だと思う。さらに体の男性化が進む小学校高学年になるまでに、周りの児童の理解力に応じた説明をすることも今後の課題だ」と話している。

普段こんなまじめな記事を取り上げませんが

体の性別よりも心の性別を優先してくれたことは

実際の性別との相違に悩んでいる人には歴史的進歩だと思って

ちょっと感動しました。(^。^)

でも、今回は認めただけでその人たちをどうサポートするのかが

具体的に対策を取られていないので

危機感も感じますが、この記事も結構賛否両論でしょう。

りぇきちは体と心が一致したwomanですが、

これから先の人生の中で結婚して

子供を生んだときにその子供が一致しなかったらと思ったら

とても人事ではないと思いました。

この子供と親の気持ちの感覚も詳しくはわかりませんが

まだまだ、不一致を理解できない回りの大人や一緒に学校生活を送る

子供たちとの間でどんな偏見によるいろんな事が起こるのかその問題を

各家庭の親、学校、国レベルでサポートしていかないと

せっかく認めてもらってもいちばん素直で感受性が強いこの時期に

挫折してしまっては逆効果になってしまう可能性があると思うので

それがすごく心配です。

 私たちがどんなに考えてもやっぱり

実際にそれを経験した人にしかわからないことがたくさんありますが

それをサポートする力はあると思います。

今日本や世界で性同一不一致の方が何人おられるのかは

わかりませんが、少なくとも認められたことで

当人にとってはプラスになるのではと思います。


2006-05-18 13:52  nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

まじめなお話 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。